情報トビックス

トップページ > 情報トビックス > 中国情報

2014-05-13      閲覧数(1836)

休眠預金、公益活動の支援に活用…与党方針

自民・公明両党は、金融機関の口座で10年以上にわたって出し入れのない「休眠預金」を公益活動の支援に活用する方針を固めた。

休眠預金は毎年850億円規模で発生しており、早ければ2015年にも、民間が行う福祉や教育などの支援費に使えるようにする。今月召集の通常国会に、民主党を含めた超党派による議員立法での提出を目指す。

制度案では、各金融機関で発生する休眠預金を、政府と日本銀行、金融機関で設置した預金保険機構に移したうえで、新設する 資金分配団体を通じ、公益性の高い事業を行う個人や法人に補助金や融資として配る。内閣府や第三者組織が、資金が適切に配られているかをチェックする。自 公両党が金融庁や内閣府と最終調整している。

活用する休眠預金は、法律の施行後に発生するものだけにする方向だ。これまで通り、預金者が気付けば10年を過ぎても引き出せる仕組みは続ける。

銀行などで発生する休眠預金は、現制度では自動的に利益に計上されている。このため、「銀行が何もしないで、もうけるのはおかしい」などの指摘が国会で出ていた。休眠預金は英国や韓国、アイルランドなどでも、福祉や教育分野に活用されている。